妊娠で酒さになりやすい?妊婦さんの肌荒れとホルモンバランスの関係。妊娠で酒さ様皮膚炎にならないために。

シェアする

妊娠

妊娠を機に酒さや酒さ様皮膚炎を発症してしまう方は多く、私のそのうちの一人です。

酒さや酒さ様皮膚炎でなくても、妊娠すると肌が荒れたり、シミが増えたり、という話は良く聞くと思います。

これには妊娠中に特有のホルモンバランスが大きく関わっています。

今回は妊娠するとどうして肌荒れしやすいのか、妊婦さん特有の身体の特徴とホルモンバランスの観点から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中のホルモンバランス

妊娠すると身体が赤ちゃんを守り、妊娠状態を維持しようとします。その時に分泌されるホルモンが黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

このホルモンは妊婦さんに以下のような効果があります。

  • 基礎体温を上げる
  • 子宮内膜の厚みを持たせて維持する
  • 乳腺を発達させる
  • 体内の水分量を維持する

黄体ホルモンの作用で子宮内膜が厚くなり、赤ちゃんが過ごしやすい環境を作ります。また、乳腺を発達させることで出産に備えるなど、妊娠、出産に欠かせないホルモンが黄体ホルモンです。

妊娠初期に熱っぽかったりする方も多いと思いますが、これは黄体ホルモンの基礎体温を上げる作用によるものです。

生理前にも分泌される黄体ホルモン

黄体ホルモンは妊娠の継続に必須のホルモンではありますが、妊娠していない時でも分泌されています。

黄体ホルモンの分泌が盛んなのは排卵から生理までの間。排卵に備えて、身体が妊娠の準備をするわけです。

生理前に肌荒れするという方は多いと思いますが、生理前は黄体ホルモンの分泌が盛んです。妊娠中はこの生理前と同じようなホルモンバランスとなるため、肌荒れしやすくなるのです。

黄体ホルモンと脂性肌

黄体ホルモンは皮脂分泌を促進させるホルモンです。このため、黄体ホルモンが優位となる生理前や妊娠初期は脂性肌に傾きやすくなります。

肌が脂っぽくなると、ニキビや吹き出物の原因となります。

また、皮脂の酸化ダメージは酒さを悪化させる要素でもあります。

黄体ホルモンが優位になる事で肌が脂っぽくなり、結果としてニキビや酒さになりやすくなってしまいます。

黄体ホルモンと便秘

黄体ホルモンには身体の水分量を維持する作用があり、妊娠を維持する為にできるだけ栄養や水分を身体に蓄えようとします。

水分が排出されにくくなり大腸に十分な水分が行き渡らなくなるため、黄体ホルモンの分泌が盛んになると便秘になりやすくなります。

便秘と肌荒れにも密接な関係がありますので、この事からも黄体ホルモンの分泌が盛んな妊娠中は肌が荒れやすい傾向にあります。

妊婦が酒さや酒さ様皮膚炎になりやすい理由

妊娠中の身体のホルモンバランスの状態を見ていくと、酒さや酒さ様皮膚炎のきっかけとなってしまう方が多い理由が分かります。

ホルモンバランスの他にも、妊娠すると十分な睡眠が取れず、人によってはつわりなどで十分な栄養すら摂れない場合があります。

こういった様々な体調の変化から、妊娠中の女性は肌状態が大きく変わります。

酒さ様皮膚炎に関しては、肌の状態が変わってしまうことからステロイドに頼りすぎてしまう事が多くあります。

私のように抗生物質が飲めなくなった結果、ステロイドに頼ってしまうという例も少なくないように思います。

さらに肌が敏感に傾いていることから、一般的に大丈夫だとされている量よりも少ないステロイド量で酒さ様皮膚炎のきっかけとなってしまってもおかしくありません。

メラニン色素が活発になるので紫外線に対しても敏感になっていますし、身体の栄養は赤ちゃんの方に優先で回されます。

様々な理由から普段とは肌の状態も大きく違い、妊娠や出産をきっかけに酒さや酒さ様皮膚炎になってしまう、または酒さの状態が悪化する、などという事が起こりやすくなります。

妊娠や出産で酒さや酒さ様皮膚炎にならないために

妊娠中の予防策、建前と本音

妊娠や出産で酒さや酒さ様皮膚炎にならないためできる事は、自分に合ったスキンケア、きちんとした食生活に規則的な生活リズム、とごく当たり前の事が挙げられます。

ところが、その当たり前の事ができないのが妊娠や出産時。

そんな事分かりきってるけどできないんだからどうしたらいいの、というのが本音の女性も多いはずです。

私自身が妊娠をきっかけに酒さ様皮膚炎になってしまった事もあり、当時の自分に対しての戒めも込めて、予防策を考えてみたいと思います。

酒さ様皮膚炎の予防策

酒さ様皮膚炎を患ってしまった場合、こんな事だったら元の皮膚疾患の方がよっぽどマシだった、と何度も後悔することになります(私はそうでした)。

妊娠中は内服薬が飲めないため、どうしても塗り薬に頼りがち。塗り薬を塗る前に、その皮膚疾患に対してステロイドである必要があるかどうかを良く考えてみましょう。

ニキビであれば非ステの抗菌薬などの選択肢がないのか、本当にステロイドでないといけないのか、医師と良く相談して見て下さい。

酒さ様皮膚炎に関しては、安易にステロイドに頼らない事が一番の予防策。ステロイドを塗らなければ酒さ様皮膚炎を発症する事はありません。

ステロイドは上手に使うと炎症を抑えてくれる素晴らしいお薬である反面、塗りすぎると酒さ様皮膚炎となってしまう事もあるお薬です。

ここで大事なのは、ステロイドを塗り過ぎない事。一切塗ってはいけないという訳でも、ステロイドを使うと必ず酒さ様皮膚炎になる訳でもありません。

ただ、どの程度塗ったら発症してしまうかというのは人それぞれな上、妊娠で上限量が低くなっている可能性も十分にあり得ます。

どうしてもという場合には医師と良く相談し、指示に従って塗るようにしましょう。自己判断で塗る事だけは避けて下さい。

酒さの予防策

酒さに関しては原因が不明なため、どのような事が予防につながるのかはっきりと分かっていない部分が多くあります。

酒さを患っている方も以前にステロイドを塗っていた経験をお持ちの場合が多い上、酒さ様皮膚炎から酒さを患っているケースも多く、明確な区分も不明瞭です。

酒さに関しては肌が敏感に傾いている可能性が大きく、まずは過剰なスキンケアは避けるべきです。

特に妊娠中は肌が敏感になっている事に気がつかず、妊娠前と同様のケアを行ってしまいがち。

妊娠中のスキンケアは、脂性に傾きやすく敏感である事を意識しながら行い、紫外線対策などは妊娠前よりも徹底しましょう。

まとめ

酒さは30代以降の女性がかかりやすい病気のため、妊娠や出産という一大イベントと重なる事も多い疾患です。

まして妊娠や出産は肌状態が変化しやすく、皮膚疾患を起こしやすい状態。

皮膚疾患を起こしてしまうとステロイドを塗るきっかけにもなってしまいますので、酒さ様皮膚炎の危険性も出てきます。

酒さ様皮膚炎は、なってしまってからだとステロイドの離脱症状に苦しまなくてはならず、妊娠中を辛い思いで過ごさなくてはなりません。

妊婦の酒さ様皮膚炎は何がツライ?妊娠中に酒さ様皮膚炎になって辛かったこと
ただでさえ辛い酒さ様皮膚炎の症状ですが、妊娠している場合はできる事も極端に減ってしまいますので、さらに辛い思いをしながら治療をしていかなくて...

なってしまってから治すよりも、ならないように予防する方が苦しまずに済みます。

妊娠時特有の身体の状態を良く知っておき、スキンケアや体調管理などに活かしつつ、少々の肌荒れは当然と受け止めて過剰なケアは避けるようにしましょう。

自分が相当苦しかったからというのもありますので、妊娠をきっかけに酒さや酒さ様皮膚炎を発症する方が一人でも減れば幸いです。

スポンサーリンク

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

シェアする

フォローお待ちしています!

妊娠で酒さになりやすい?妊婦さんの肌荒れとホルモンバランスの関係。妊娠で酒さ様皮膚炎にならないために。
この記事が気に入ったらいいねしよう。
最新ニュース情報チェック!

コメント

  1. めぐみ より:

    初めまして。
    私も妊娠してから酒さ様皮膚炎になってしまいました。
    やっと同じような方を見つけることができ、変な言い方ですが嬉しく思っています。

    実は皮膚科には通っているのですが、自分の症状が酒さ様皮膚炎だと分かったのはこのブログを読んでからです!
    画像を見させて頂き、全く同じで、これじゃないか!と。
    私は治療を始めて4ヶ月で、ステロイドを徐々に減らしています。現在9倍に薄めた薬を処方されています。
    顔の赤みはまだすごいですが、一時期よりは落ち着いています。

    このブログを読んでとても勇気付けられました!
    酒さ様皮膚炎と上手くつき合っていき、治療は長期戦…それが分かっただけでも進歩です♪
    鏡を見る度に落ち込んでいましたが、これからも治療頑張ります。
    長々と失礼致しました。

    • ろーざ ろーざ より:

      めぐみさん、はじめまして。
      コメントを頂きましてありがとうございます!

      私も妊娠中に酒さ様皮膚炎になってしまって、治療すら拒否に近い言われ方をされたり、同じ病気をお持ちの方に対しても抗生物質飲めていいな、なんて思ってしまったり色々ありました!
      もうヒステリー起こしてましたし(;´∀`)
      妊娠で酒さ様皮膚炎になった私が勇気付けられた言葉と言われたくなかった言葉。産む前に脱ステしようとした心境。
      世の中に一人ぼっちになってしまったような気がしてましたので、めぐみさんが少しでも一人じゃないと思って頂ければとても嬉しく思います。

      皮膚科では酒さに保険適用がない事や認知度が低い事から酒さや酒さ様皮膚炎の診断がつきづらく、元々の皮膚疾患(私はニキビでした)の診断のまま日にちが過ぎているケースが多くあります。
      なかなかにもどかしい状況ではありますが、医療体制によるところも大きいので医師を責める訳にもいきませんし、めぐみさんのように実はこの病気だった、という方はかなり多いようです。

      現在減ステロイドで治療中とのことで、とてもお辛い真っ最中だと思いますが、肌が痛むことさえしなければステロイドの副作用による痛みは必ず回復していきます。
      治療は長期戦なのは事実ですが、初期のころのような真っ赤に腫れ上がった状態がいつまでも続くわけではなく、段々コントロールも可能になっていきます。
      最近、脱ステ1年の経過を書いた記事がありますので、よろしければご覧ください。
      酒さ様皮膚炎発症後1年が経ちました!脱ステ1年の経緯を画像で観察。

      赤ちゃん、産まれてくるの楽しみですね♪
      これからたくさん、辛いこともあると思いますけど、私も同じでしたので心から応援していますo(-`д´- o)
      何かあればいつでも遊びに来てくださいね!