酒さ様皮膚炎の原因

シェアする

酒さよう皮膚炎の原因

酒さ様皮膚炎の原因はステロイドの慢性的な使用によるもの、とはっきりしています。ステロイドの副作用として生じる皮膚炎ですので、元々何らかの原因で皮膚疾患を患い、ステロイドによる治療を続けてきた方がなりやすい病気です。ステロイドの副作用が原因だからか、「ステロイド酒さ」として紹介されているケースもありました。

ここではどうしてステロイドを使うと酒さ様皮膚炎のような副作用を起こしてしまうのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

酒さ様皮膚炎とステロイド

酒さ様皮膚炎の原因はステロイドです。具体的には

  • ステロイドの慢性的な使用
  • ステロイドの不適切な使用
  • ステロイドを長期連用したことによる副作用

などが原因と言われています。

つまり、ステロイドの使い方が間違っていた、とか長く使いすぎちゃった、という事が酒さ様皮膚炎の発症原因となっています。

原因となるステロイドの種類

ステロイドには錠剤や粉末の他、注射、塗り薬など様々な形態がありますが、酒さ様皮膚炎を引き起こすのは主に塗り薬となります。

酒さ様皮膚炎自体が「ステロイドを顔面に塗布したことによって引き起こされる副作用」ですので、飲み薬や注射は対象外となります。

ステロイド薬の基礎知識

ステロイドとは「副腎」という器官から作られる「副腎皮質ホルモン」の1種です。元々人間の身体(副腎)からは毎日一定量のステロイドホルモンが作られています。このホルモンは身体の炎症を抑えたり免疫力を抑えたりする働きがあり、身体の免疫バランスを保つよう働いてくれる重要な役割を果たしています。

このステロイドホルモンを人工的に薬としたのが「ステロイド薬」です。ステロイドは科学的に調合された物質などではなく、元々人間の身体に備わっている必要なホルモン、という事になります。

ステロイドの副作用

ではなぜ、身体にとって必要なはずのステロイドを使用することによって副作用が出るのでしょうか。

ステロイドの主な働きには

  • 抗炎症作用
  • 免疫抑制作用

があります。皮膚炎などを発症している箇所の炎症を抑える働きとともに免疫を抑制する働きもあるという事です。

免疫を抑制するということ

「免疫を抑制する」にあたって、アレルギーの原因となる要因のみ抑制してくれればいいのですが、そう都合よくはいきません。ステロイドを塗った箇所(酒さ様皮膚炎であれば顔面だと思います)の免疫、つまり抵抗力が低下するようになるのです。

抵抗力が低下すれば少しの刺激で急激に悪化します。このような事からステロイドは長期的に使用するのではなく、「短期間に必要な量だけ使い、まずはひどい炎症を抑える」という使われ方が一般的です。

身体からのステロイドが作られなくなる

また、ステロイドは本来副腎から分泌されています。これを外部から摂取する事によって、身体はステロイドを作る必要がないと判断し、ステロイドの分泌をやめます。本来は身体で作られているはずのステロイドですが、薬を使用することによって作られなくなるんですね。

その結果、ステロイド薬を止めた途端に身体のステロイドホルモンが不足します。外部から補っていたものがなくなり、内部からの補給も止まります。この結果、酒さ様皮膚炎のように「ステロイドを塗り止めた途端に炎症がひどくなる」という症状が起きるようになります。

その他の副作用

他にもムーンフェイスや白内障、血栓症など様々な副作用が挙げられますが、長くなりすぎる事とページの趣旨からも大きく外れていく事になるのでここでは詳しく触れません。

ステロイドの長期使用

ステロイドを長期的に使用しているとどういう事が起こるかというと、

  • 皮膚萎縮
  • 毛細血管拡張
  • ニキビ様発疹

などの症状が現れます。

どれも酒さ様皮膚炎に深く関係しています。

皮膚萎縮

皮膚が薄くなり傷つきやすくなります。

ステロイドの長期使用により皮膚の厚さの大部分を占める膠原線維が減ってくるために皮膚が萎縮し薄くなります。免疫抑制作用によって皮膚が育たない、と考えると分かりやすいかもしれません。

毛細血管拡張

血管が拡張し赤ら顔となります。

頬などの皮膚が薄い箇所では糸状の毛細血管が見えたりなど、酒さ様皮膚炎の特徴的な症状でもあります。

ニキビ様発疹

ニキビのような発疹や膿疱

ステロイドの使用により皮膚表面の免疫が低下し、アクネ菌などのニキビを引き起こす菌が増殖した結果、ニキビのようなブツブツや膿が引き起こされます。顔面は皮脂腺が多く、アクネ菌などニキビの原因となる菌は皮脂が大好物です。その為、酒さ様皮膚炎では起こりやすい症状と言えます。

使用期間の目安

ステロイドは強力な抗炎症作用があるため、一般的には数日から1週間で効果が現れます。1週間で何の効果も見られない場合はステロイドの使用を中止し、皮膚科医による診察を受けるのが望ましいです。

また、ステロイドは「慢性的に使用しない」事や「長期連用しない」事が望ましく、酒さ様皮膚炎に関してはまさに慢性的な使用や長期連用が原因の皮膚炎です。

この「長期連用」に関しては個人差もありますが、一般的に2週間程度と考えられているようです。

但しこれはあくまでも目安であり、「2週間なら大丈夫」や「10日しか使ってないから」というような絶対的な判断基準にはなりません。

ステロイドを使用した治療では、皮膚科医に皮膚の状態を診てもらいながら適切な使用期間を決めていくのが正しい治療方法となります。自己判断でのステロイドの使用や中止はやめ、まずは皮膚科医の判断を仰ぎましょう。

まとめ

酒さ様皮膚炎の原因はステロイドの副作用です。ステロイドの副作用にも様々な症状があり、深く突っ込んで行くと1つのサイトができるほどのボリュームになってしまうのですが、今回はその中でも酒さ様皮膚炎に関係の深い部分をピックアップしました。

色々調べて行くと、ステロイドの副作用として挙げられている症状の多くが酒さ様皮膚炎の代表的な症状でもあります。実際、ステロイドの副作用として酒さ様皮膚炎そのものを挙げている例も多く見られました。

ステロイドは副作用の強い薬ではありますが適切に使用すれば非常に頼りになる薬です。酒さ様皮膚炎にかかってしまった方は特にステロイドに対する嫌悪感が強いと思いますが、ステロイド自体は決して悪い薬ではありません。私自身も酒さ様皮膚炎の完治を目指す中、ステロイドの悪い面だけを見ないようにしていきたいと思います。

酒さ発症の原因は?免疫異常やニキビダニ(デモデクス)、腸内細菌の可能性。
酒さの原因は不明とされてはいますが、一方で酒さを発症する原因についての研究も少しずつ進んでいます。発症するきっかけの一つに、カテリシジン...
スポンサーリンク

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

シェアする

フォローお待ちしています!

酒さ様皮膚炎の原因
この記事が気に入ったらいいねしよう。
最新ニュース情報チェック!