石けん洗顔でも肌を痛めず優しく洗おう。石けんを使った上手な洗顔方法。

シェアする

泡で洗顔する女性

石けんを積極的に使っていく場合、どのように洗顔をしたらいいのでしょう。

石けんは他の洗浄剤にない大きなメリットがありますので、肌に合っている場合は是非とも使っていきたいですね。

ここで問題になるのが石けんでの洗顔方法。

いくら石けんが肌に合っていても間違った洗い方をしていると、せっかくの石けんの効果が十分に発揮できないどころか、却って肌を痛めてしまうという事になりかねません。

今回は石けんを使用しながら肌を痛めず、優しく洗うためのポイントをまとめました。

スポンサーリンク

石けんでの洗顔方法

まずは石けんでの洗顔方法の流れを見ていきます。石けん洗顔はしっかりと泡立てて、擦らずに泡で洗うのがポイントです。

  1. ぬるま湯で軽く洗顔
  2. 石けんを良く泡立てる
  3. 泡で優しく洗顔
  4. ぬるま湯でしっかりすすぐ
  5. タオルで水分を取る

Step1:ぬるま湯洗顔

最初にぬるま湯で軽く洗顔しておきます。

ぬるま湯で落ちる皮脂汚れを落とし、毛穴を開きやすくします。

また、顔を塗らしておく事で摩擦による抵抗も減らします。

ぬるま湯の湯温は35℃以下がお勧めです。酒さ様肌の場合は少し冷たいと感じる32~33℃程度まで下げてもOK。皮脂を取りすぎないように注意しましょう。

Step2:石けんの泡立て

石けんを良く泡立てます。泡立てネットなどを使用して良く泡立てるのがコツ。

ぬるま湯をネットに少しずつかけながら、濃密な泡を作っていきます。

石けんは水で薄まるだけで洗浄力(界面活性作用)を失いますので、しっかりと泡立てて一定の濃度を保ちます。

また、十分に泡立てることによって、指による摩擦も防ぎます。

Step3:泡で洗顔

十分に泡立てたら泡で洗顔を行います。

指でゴシゴシと擦らず、泡でマッサージをするように洗います。泡で顔を包み込むように洗い、洗浄が足りないと感じる部分は泡を軽く押すようにします。

皮脂の多いTゾーンから洗うと効果的です。

肌の回復が十分でない場合は、泡を乗せる時間をなるべく短くしましょう。

Step4:すすぎ

ぬるま湯で丁寧にすすぎます。この時にも指で擦らないように注意して下さい。

洗面器よりも流水の方が清潔に洗えますが、シャワーを直接顔にかけるのは水圧が刺激になるため止めましょう。

すすぎながら泡をしっかりと流していきますが、生え際やこめかみ、眉頭などは泡が残りやすい箇所です。

しっかりとすすげていないとニキビや肌荒れの原因にもなりますので、丁寧に良くすすぎましょう。

Step5:ふき取り

最後のふき取りは毛足の長い清潔なタオルを使い、顔をそっと抑えるようにして行います。

肌の水分を吸い取るイメージで、タオルを上下左右に動かしたりしないでふき取ります。

毛足の長いタオルを使っても、タオルは指よりも摩擦が起きやすい素材です。タオルを動かすのではなく水分を吸収してもらうという事を意識して行いましょう。

石けんを上手に使う3つのポイント

ここまで石けん洗顔のステップを見てきましたが、石けんを上手に使うためには抑えておきたいポイントが3つあります。

その3つのポイントとは

  1. 泡の濃度
  2. 適切な湯温
  3. 鹸化(けんか)法。

どういう事なのか少し見ていきましょう。

泡の濃度

石鹸などを泡立てて使う時、へたれてしまった泡だと汚れ落ちもイマイチという経験をした方も多いのではないでしょうか。

石鹸の泡には汚れを浮かせる役割があります。石鹸の界面活性作用は洗浄力として汚れを落としますが、泡自体にも汚れを吸い出し包み込む働きがあります。

そのため濃密に泡立てるほど洗浄力が増し、泡がさっと触れるだけで汚れが落ちやすくなります。

また、泡は空気を含んでいるので摩擦抵抗を減らします。泡の濃度が高いほどクッション性も増し、摩擦によって肌がこすれるのを防ぐ事ができます。

濃度の高い泡を作るためには泡立てネットなどを利用して、とにかく良く泡立てることが大事です。

マイクロバブルフォーマー awa hour あわわ ロイヤルホワイト 【洗顔泡立て器】

マイクロバブルフォーマー awa hour あわわ ロイヤルホワイト 【洗顔泡立て器】

  • 富士
  • 参考価格:¥1,080
  • 価格:¥1,079 (2017/11/23 14:26:30時点)
  • 発売日:2016/06/15
  • ランキング:863位

適切な湯温

冷たい水で石鹸を流そうとすると普段より落ちにくかったり、つっぱったりした経験がある方もいらっしゃると思います。

石けんは原料の油脂によってそれぞれ溶けやすい温度があり、適切な湯温で使用すると石けんカスもでき辛く、洗浄力を最大限に発揮できます。

低い湯温で使用すると溶けきれない石けん成分が出てくるため、石けんカスもできやすく肌のつっぱりを感じやすくなります。

そのため、石けん洗顔では冷水よりぬるま湯の方が適しています。

鹸化(けんか)法

石鹸の製造方法には「鹸化(けんか)法」と「中和法」の2種類があります。

鹸化法は手間隙がかかり大量生産ができませんが、中和法は短時間で作れ大量生産ができます。

鹸化法はさらに加熱するかどうかでホットプロセスとコールドプロセスに分かれます。

鹸化法で作った石鹸には、原料の油脂に含まれていた保湿成分を残すことができます。

対して中和法は油脂の代わりに脂肪酸を用いて石鹸を作るため、天然の保湿成分を残すことができず、様々な保湿成分が添加されます。

酒さ様肌に良いのは、どちらかと言えば鹸化法で作られた石鹸ですね。但し、天然の保湿成分が残っている代わりに、その成分や微量な不純物に肌が反応してしまう事もあり得るというデメリットもあります。

どちらの製法にも一長一短があり、必ずしもどちらかが優れているわけではありません。

大事なのは自分の肌に合うか合わないか。

製造方法の特徴を知っておき、石鹸選びの参考にするといいでしょう。

まとめ

酒さ様皮膚炎の場合は石けん洗顔が強すぎる可能性もあるのですが、肌に合った場合は余計な界面活性剤を残さずに洗い上げてくれる優れもの。

石けん洗顔でのメリットを十分に活かすためには、泡の濃度や適切な湯温など、様々な事に気を配らなくてはなりませんが、その分のメリットはあります。

デメリットも当然ありますので、毎日の洗顔に取り入れなくても、べたつく時だけは石けん洗顔、などのようにメリハリをつけて取り入れていく事も十分可能です。

状況に応じて石けん洗顔も選択肢の一つに入れれるよう、洗い方をマスターして上手に使っていきたいですね。

養麗潤(ようれいじゅん)

養麗潤(ようれいじゅん)

  • 販売元:株式会社イヌイ
  • 価格:\1,980(税込)
  • 内容量:80g
  • 界面活性剤不使用
  • アルコール不使用
  • 乾燥肌、敏感肌、アトピー肌にも
スポンサーリンク

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

シェアする

フォローお待ちしています!

石けん洗顔でも肌を痛めず優しく洗おう。石けんを使った上手な洗顔方法。
この記事が気に入ったらいいねしよう。
最新ニュース情報チェック!

コメント

  1. みゅうみゅう より:

    こんにちは。みゅうみゅうです。
    昨日、7ヶ月ぶりに化粧をしました。
    etvosの、肌色のしゃばしゃばの下地をぬりました。
    この上に、パウダーなどぬりたかったんですが、石鹸で落とせるようにしたかったので、ここはぐっと我慢。
    ぬりたては、少し赤みがマシになって、ウキウキしてたんですが、午後から化粧が落ちてきて、また赤い顔になって、落ち込んでしまいました。
    まあ、化粧落としたあとにぶつぶができたり、痒みはなかったので、自分には合っているのかもしれません。
    紫外線も強くなってきたので、何かしら化粧か日焼けどめをぬらなきゃダメですね。
    ほんとは家にこもっていたいけど、子供の幼稚園の行事に出なきゃいけないから、そうゆうわけにはいきませんもんね。

    • ろーざ ろーざ より:

      みゅうみゅうさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます!

      お化粧できると気分が弾みますよね♪ 酒さ様になると何ヶ月も化粧しないので、久しぶりに化粧すると色々気分が変わります。
      ファンデ塗った肌がきれいで、化粧落とすと赤い顔に落ち込むのは私も同じです(;><)

      この時期ってオフィシャルな行事があれこれあって、自然と化粧する機会も増えますよね。
      私も上の子の行事であれこれあるので、ファンデ塗らないとです・・・。

      日焼け止めはもう習慣になっちゃってて、朝起きると必ず塗る感じになってます。
      玄関先にポンプタイプの日焼け止め置いておくと、子供とお散歩なんかの時もさっと塗れて便利です( ̄▽ ̄)V
      本当は家にこもってたいんですけど、子供いるとなかなかそういう訳にいかないですもんね・・・w

      肌に合うファンデが見つかったのであれば、外出時の日焼け止めはファンデでもいいですね( ̄▽+ ̄*

  2. みゅうみゅう より:

    日焼けどめ塗って、その上にパウダーをかさねたいんですが、そうすると、クレンジングして、石鹸で洗う、ダブル洗顔が必要になってきますよね。
    なるべく、石鹸洗顔で一発で落とせる化粧が今の自分にはいいのかなーと思っています。

    • ろーざ ろーざ より:

      W洗顔はなるべく避けるようにした方がいいですよね。毎日の事でなければ、たまの行事でする分にはいいかもしれません。

      日焼け止めとパウダー、両方とも石鹸で落とせるタイプならダブル洗顔しなくてもきちんと落ちるんじゃないでしょうか。
      ファンデはかなり試行錯誤しますよね。私もまだあまり化粧しないので、あれこれ試行錯誤中です。