夏の温度調整は慎重に。酒さよう皮膚炎が悪化しないように気をつけること

シェアする

夏をエアコンなしで乗り切る男性

うだるような暑さが続いていますが、夏場はどんな過ごし方をしているでしょうか。エアコンのついた部屋でのんびりまったり、という方もいればエアコンはなるべく使わないで扇風機でしのぐという節約派の方もいらっしゃると思います。どちらのスタイルでも酒さ様皮膚炎治療中の肌にはちょっと注意しておきたい事があります。

スポンサーリンク

夏の温度変化は酒さ様皮膚炎の肌に大敵

夏の温度変化は酒さよう皮膚炎治療中の肌に悪影響をもたらします。ただでさえ外気温がどんどんと高くなる夏。周囲の温度が高くなるだけでも肌の炎症を促進させます。

気温が高くなってくれば血管が拡張します。酒さ様の肌は血管が拡張して炎症を起こしていますので、気温が高くなれば悪化しやすい、という事です。当然夏は周囲の温度変化に合わせて悪化しやすくなります。

発汗がもたらす肌への悪影響

また夏は気温が高い為発汗量が増えます。汗をかくという事自体は自然ですので適度な量であれば肌を守ってくれますが、夏はとかく大量の汗をかきがちです。

汗をかくと肌が濡れます。お風呂に入ったときなんかを思い出してください。肌が濡れると垢のようなものがたくさん取れることがありますよね。あの垢は、本来ならまだ肌にくっつけておかないといけないはずの大事な皮膚です。酒さ様治療中の肌はターンオーバーが異常に早まり、少しの刺激で皮膚がボロボロとむけてしまいます。

汗をかいた肌はまさに濡れた状態。角質が剥がれやすくなっているため肌を痛めやすくなります。

だからと言って汗をマメに拭き取ろうとすると今度は肌をこする事に。汗は拭き取ってはいけません。汗を拭く時は吸い取るようなイメージで、タオルはそっと押し当てて下さい。

また、汗を余計にかくことで皮脂が酸化しやすいという致命的な欠点もあります。

紫外線による悪影響

紫外線のダメージに関してはあまりくどくどと言わなくても大抵の方が理解していると思います。夏は紫外線が強いため特に注意が必要です。

紫外線は太陽光線の一種ですが、肌の老化を促進させます。また、日焼けに代表されるように肌の炎症を引き起こしますので、酒さ様治療中の肌では最も避けたい物質のうちに入ります。

酒さ様皮膚炎の状態によっては肌に何も塗れない場合もあります。そんな時は物理ガードを徹底的に使って肌を守りましょう。

何も塗れない肌はどうやって日焼けを防ぐの?炎症期の紫外線対策
紫外線対策は酒さよう皮膚炎にとって非常に大事です。皮膚疾患ををお持ちの方はもちろん、美容に気を使う方ほど紫外線を防ごうとしますよね。酒さ...

日焼け止めが塗れる状態まで肌が改善してきたら日焼け止めはどんどん取り入れていきましょう。日焼け止めは闇雲に数値の高いものを買わず、酒さよう皮膚炎治療中の肌に合うような優しいものを選ぶのことが大事です。

酒さ様皮膚炎の肌でも塗れる!優しい日焼け止めの選び方
炎症がひどく火傷状態に腫れあがっている肌には塗れなかった日焼け止めも、肌が改善してきたら塗れるようになります。紫外線は酒さよう皮膚炎治療...

エアコンの悪影響

また、暑い夏は冷房の効いた室内で過ごす事も増えると思います。自分の家では使わない!という節約派の人でも、外出先では適度にエアコンを効かせたところがほとんど。春や秋に比べてどうしてもエアコンの効いた室内にいる機会は増えます。

そこで気をつけたいのが冷房による乾燥。閉め切った部屋でエアコンをつけていると部屋の乾燥はどんどん進みます。また、エアコンの風が直接当たっている場合はさらに要注意。吹き出し口からの風でさらに乾燥が進んでしまいます。

また、エアコンの効いていない部屋との行き来によって急激な温度変化が肌にもたらされます。温度変化が激しいとき、急に顔のほてりが増した事があると思います。これは気温の変化によって血管が収縮、または拡張することによって起こります。こういった急激な変化は酒さ様皮膚炎治療中の肌に良くありません。血管を刺激してはいけないのです。

そうは言っても、エアコンの効いた部屋からトイレに行くだけでも温度変化にさらされてしまうのが夏。なるべく冷房の設定温度を高くして外気温との差を無くすのが理想的ではありますが、それで汗だくになってしまうと今度は汗の悪影響が。全てを完璧に防ぐことはできないので、自分にとって丁度いいバランスを見つけるのが最適です。

扇風機の悪影響

扇風機なら悪影響がないのかというとそんな事はありません。扇風機からは風が吹き出していますよね。酒さよう皮膚炎治療中はとかく肌がほてりがち。ついつい、その風に肌を当てたりしていないでしょうか?

気持ちいいのは分かりますが、これをやってはいけません。風を直接当てることによって乾燥を促してしまいます。

ほてっているけど乾燥なんてしてないよ・・・・と思っている方は要注意です。炎症は乾燥を進行させます。肌のほてりが水分を奪うため、乾燥は進行しています。炎症の方に気を取られて気付いていない事が多いのです。

扇風機などの風を直接顔に当てるのはやめ、冷やす時は肌を刺激を与えないよう優しく冷やしましょう。

ほてりや炎症は優しく冷やそう。酒さよう皮膚炎の効果的な冷やし方
酒さ様皮膚炎発症時はやけどをしたように顔が真っ赤に腫れあがります。実際に肌が炎症を起こしてしまっている訳ですが、同時に膿やブツブツが出たりリ...

まとめ

外気温の変化、皮脂の酸化ダメージ、紫外線によるダメージ、エアコンによる乾燥、と夏は酒さ様の肌に悪い要素がいっぱい。どんな事が肌に悪いのかを知っておく事で事前にトラブルを防ぎ、悪化因子を避けることができます。こういった知識を身につけておいて、上手に夏を乗り切りたいですね。

スポンサーリンク

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

シェアする

フォローお待ちしています!

夏の温度調整は慎重に。酒さよう皮膚炎が悪化しないように気をつけること
この記事が気に入ったらいいねしよう。
最新ニュース情報チェック!

コメント

  1. ふく より:

    ろーざさん。こんにちは。
    気温や、湿度が高い日が増えてきましたね。ついに除湿やクーラを使うようになりました。

    そのせいか、肌がゆらぎやすくなっています。
    なんとなく、乾燥しているけど
    テカリも気になる。
    肌がゴワゴワしていて、カルグルトで安定していた状態を保てなくなってきました。

    オイルに蒸しタオルで肌を柔らかくしましたが、このままいつものスキンケアのオールインワンでたっぷりの保湿をするべきか、グリセリン+水+ワセリンで行くべきか判断がつきません。

    いつもより顔の赤みも気になります。
    ろーざさんの情報を読み返していて、ウィラードウォーターを試しに買ってみようかな?と、思っているとこですが、私には購入するにしても海外製品はちょっぴりハードルが高いです。

    生理周期も終わり、いつもなら落ち着いている肌になるはずが、むず痒い日もあったりでどうしたらいいのかと落ち込んでます。

    ダブル洗顔をやめると、小さなニキビがちらほらでてくるので夜はダブル洗顔。
    朝はTゾーンのみ純せっけんで洗ってます。

    何かアドバイスがあればお願いします。

    • ろーざ ろーざ より:

      ふくさん、こんにちは。

      この時期、肌が揺らぎやすくなりますよね。
      乾燥とテカりに悩まされる点などは私と同じです。

      私の場合は保湿をたっぷりとするようにしたら肌の状態が安定したので、保湿たっぷりを意識しています。
      ただ、新しいアイテムを追加することはあまりせず、塗る量を多くしてみてそれでも乾燥が改善されなければ次のアイテムを追加、というようにしています。
      最近は化粧水のような水ベースの保湿よりも乳液のようなミルクベースの保湿の方が調子が良くなってきましたので、乳液たっぷりでその分オイルはあまり使わなくなりました。
      以前よりも肌が強くなったので、最初から乳化されている製品なんかも使えるようになったのかな、なんて勝手に分析しています。

      ただ、ウィラードウォーターは相変わらず愛用してまして、この時期の汗ケアなどに欠かせないものになってきています。
      個人輸入は抵抗があると思いますし、日本版ウィラードウォーターは少しお高いので、薬局でも手に入るアベンヌウォーターやターマルウォーターで代用されてみてはいかがでしょうか。
      ターマルウォーターやアベンヌウォーターなどの天然水は酒さの火照りや脱ステ直後の炎症を鎮静するのに使えるかも。

      時期的に肌が荒れやすい時期ですし、紫外線対策も変わってくるので、スキンケアも知らず知らずのうちに合わなくなっている可能性もありますよね。
      私も小鼻のザラザラがどうしても取れずにどうしたものかと試行錯誤を繰り返しています。

      福さんの場合は乾燥とテカリということですので、まずは保湿をたっぷりを試してみたらいかがでしょうか。
      それで改善されなければ洗顔方法の見直しかな、と思いますが洗顔は減らしてもニキビや油っぽくなりますし、増やしたら乾燥と赤ら顔が加速するしとなかなかバランスが難しい部分ですよね( ̄~ ̄;)

      普通の肌よりもスキンケアを許容してくれる幅が狭く、とても大変だと思いますけれど焦らず少しずつ試してみて下さい。
      また色々と報告して下さると嬉しいです!お待ちしていますΣ(σ`・ω・´)σ

  2. ふく より:

    秋からかな?
    いつも使っていたメディプラスゲルですが、現在日中エアコンを使う季節になってから、肌が悲鳴をあげるようになりました。
    スキンケアが、今の季節に合っていないのかもしれません。
    ゲルがベタベタするようになり、その後ニキビにつながり、かゆみと赤みと火照りで保冷剤でしのいでいますが、乾燥気味で突っ張ります。

    明日、日本版ウィラードウォーターが届くのでどうなるか少し楽しみです。
    アベンヌは昔使ったことがありますが、イマイチだったので、ターマルウォーターに期待してみたり。

    去年のこの季節はウルウのオールインワン化粧水を使っていたようなので、ウルウに戻る選択肢も視野に入れています。
    ただウルウは、オールインワンといいながらこれだけでは保湿が不十分でしたので、微妙。

    ダブル洗顔も、加減がホントに難しいです。
    毎日、洗う前の肌荒れを見ながら(ここは、石鹸が必要?)などと、自分になげかけてます。

    ろーざさんは、乳液が合うようになってきたのですね。
    キュレルの全身用ローションが乳液タイプになっていて、朝のふりとり洗顔や化粧直しにコットンにふくませて優しくクルクルと、使っていました。

    全身用は価格も安くさっぱり乳液だったので、めずらしく1本使いきりました。
    最近まで調子がよく、あれこれ悩まずスキンケアしていたので、ここにきて反省と後悔してます。
    なぜ、季節の変わり目を慎重に過ごさかなったのかと…

    ろーざさんの過去の書き込みを再度読み返し、勉強してます。クレンジングは、ずっとサッポーを、使っていました。
    クレンジングを他に目移りしそうでしたが、今回の不調をきに、再度肌ケア対策を見直ししてみたいと思います。

    忙しいのに、お返事ありがとうございました。

    • ろーざ ろーざ より:

      ふくさん。

      スキンケアの詳細を丁寧に書いて下さってありがとうございます。
      そうなんですよね。去年合っていたものでも今年も合うとは限らないので、常にその時の自分の肌を見極めないといけないのですよね。
      日本版ウィーラードが少しでもふくさんのお肌に合うといいのですが。

      ダブル洗顔や保湿の加減、季節の変わり目の過ごし方などはやはり似たような悩みになりますよね。
      私も日差しが強くなってきた頃に肌をひどく荒れさせてしまって、反省と後悔しきりでした。。。

      キュレルの全身ローションの情報もありがとうございます。
      前から気になっていたので機会があれば試してみたいと思います。

      これから夏本番になってきますので酒さもひどくなりやすい時期ですが、お互い気を付けてなるべく荒れないように過ごしましょう!
      また遊びに来て下さるのをお待ちしておりますΣ(σ`・ω・´)σ