夏の温度調整は慎重に。酒さよう皮膚炎が悪化しないように気をつけること

シェアする

夏をエアコンなしで乗り切る男性

うだるような暑さが続いていますが、夏場はどんな過ごし方をしているでしょうか。エアコンのついた部屋でのんびりまったり、という方もいればエアコンはなるべく使わないで扇風機でしのぐという節約派の方もいらっしゃると思います。どちらのスタイルでも酒さ様皮膚炎治療中の肌にはちょっと注意しておきたい事があります。

スポンサーリンク

夏の温度変化は酒さ様皮膚炎の肌に大敵

夏の温度変化は酒さよう皮膚炎治療中の肌に悪影響をもたらします。ただでさえ外気温がどんどんと高くなる夏。周囲の温度が高くなるだけでも肌の炎症を促進させます。

気温が高くなってくれば血管が拡張します。酒さ様の肌は血管が拡張して炎症を起こしていますので、気温が高くなれば悪化しやすい、という事です。当然夏は周囲の温度変化に合わせて悪化しやすくなります。

発汗がもたらす肌への悪影響

また夏は気温が高い為発汗量が増えます。汗をかくという事自体は自然ですので適度な量であれば肌を守ってくれますが、夏はとかく大量の汗をかきがちです。

汗をかくと肌が濡れます。お風呂に入ったときなんかを思い出してください。肌が濡れると垢のようなものがたくさん取れることがありますよね。あの垢は、本来ならまだ肌にくっつけておかないといけないはずの大事な皮膚です。酒さ様治療中の肌はターンオーバーが異常に早まり、少しの刺激で皮膚がボロボロとむけてしまいます。

汗をかいた肌はまさに濡れた状態。角質が剥がれやすくなっているため肌を痛めやすくなります。

だからと言って汗をマメに拭き取ろうとすると今度は肌をこする事に。汗は拭き取ってはいけません。汗を拭く時は吸い取るようなイメージで、タオルはそっと押し当てて下さい。

また、汗を余計にかくことで皮脂が酸化しやすいという致命的な欠点もあります。

紫外線による悪影響

紫外線のダメージに関してはあまりくどくどと言わなくても大抵の方が理解していると思います。夏は紫外線が強いため特に注意が必要です。

紫外線は太陽光線の一種ですが、肌の老化を促進させます。また、日焼けに代表されるように肌の炎症を引き起こしますので、酒さ様治療中の肌では最も避けたい物質のうちに入ります。

酒さ様皮膚炎の状態によっては肌に何も塗れない場合もあります。そんな時は物理ガードを徹底的に使って肌を守りましょう。

何も塗れない肌はどうやって日焼けを防ぐの?炎症期の紫外線対策
紫外線対策は酒さよう皮膚炎にとって非常に大事です。皮膚疾患ををお持ちの方はもちろん、美容に気を使う方ほど紫外線を防ごうとしますよね。酒さ...

日焼け止めが塗れる状態まで肌が改善してきたら日焼け止めはどんどん取り入れていきましょう。日焼け止めは闇雲に数値の高いものを買わず、酒さよう皮膚炎治療中の肌に合うような優しいものを選ぶのことが大事です。

酒さ様皮膚炎の肌でも塗れる!優しい日焼け止めの選び方
炎症がひどく火傷状態に腫れあがっている肌には塗れなかった日焼け止めも、肌が改善してきたら塗れるようになります。紫外線は酒さよう皮膚炎治療...

エアコンの悪影響

また、暑い夏は冷房の効いた室内で過ごす事も増えると思います。自分の家では使わない!という節約派の人でも、外出先では適度にエアコンを効かせたところがほとんど。春や秋に比べてどうしてもエアコンの効いた室内にいる機会は増えます。

そこで気をつけたいのが冷房による乾燥。閉め切った部屋でエアコンをつけていると部屋の乾燥はどんどん進みます。また、エアコンの風が直接当たっている場合はさらに要注意。吹き出し口からの風でさらに乾燥が進んでしまいます。

また、エアコンの効いていない部屋との行き来によって急激な温度変化が肌にもたらされます。温度変化が激しいとき、急に顔のほてりが増した事があると思います。これは気温の変化によって血管が収縮、または拡張することによって起こります。こういった急激な変化は酒さ様皮膚炎治療中の肌に良くありません。血管を刺激してはいけないのです。

そうは言っても、エアコンの効いた部屋からトイレに行くだけでも温度変化にさらされてしまうのが夏。なるべく冷房の設定温度を高くして外気温との差を無くすのが理想的ではありますが、それで汗だくになってしまうと今度は汗の悪影響が。全てを完璧に防ぐことはできないので、自分にとって丁度いいバランスを見つけるのが最適です。

扇風機の悪影響

扇風機なら悪影響がないのかというとそんな事はありません。扇風機からは風が吹き出していますよね。酒さよう皮膚炎治療中はとかく肌がほてりがち。ついつい、その風に肌を当てたりしていないでしょうか?

気持ちいいのは分かりますが、これをやってはいけません。風を直接当てることによって乾燥を促してしまいます。

ほてっているけど乾燥なんてしてないよ・・・・と思っている方は要注意です。炎症は乾燥を進行させます。肌のほてりが水分を奪うため、乾燥は進行しています。炎症の方に気を取られて気付いていない事が多いのです。

扇風機などの風を直接顔に当てるのはやめ、冷やす時は肌を刺激を与えないよう優しく冷やしましょう。

ほてりや炎症は優しく冷やそう。酒さよう皮膚炎の効果的な冷やし方
酒さ様皮膚炎発症時はやけどをしたように顔が真っ赤に腫れあがります。実際に肌が炎症を起こしてしまっている訳ですが、同時に膿やブツブツが出たりリ...

まとめ

外気温の変化、皮脂の酸化ダメージ、紫外線によるダメージ、エアコンによる乾燥、と夏は酒さ様の肌に悪い要素がいっぱい。どんな事が肌に悪いのかを知っておく事で事前にトラブルを防ぎ、悪化因子を避けることができます。こういった知識を身につけておいて、上手に夏を乗り切りたいですね。

スポンサーリンク

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

シェアする

フォローお待ちしています!

夏の温度調整は慎重に。酒さよう皮膚炎が悪化しないように気をつけること
この記事が気に入ったらいいねしよう。
最新ニュース情報チェック!