酒さに飲む日焼け止めって効果あるの?紫外線カット率は?メリットとデメリットは?という疑問に対するまとめ。

シェアする

紫外線対策事情

酒さや酒さ様皮膚炎だったり極端な敏感肌だと、塗るタイプの日焼け止めが使えないことも多くあります。低刺激な日焼け止めでさえ、塗るとかぶれたり赤くなったり。

紫外線カット率の高い日焼け止めは肌の負担になるものも多くあるのに、紫外線も酒さの悪化原因ですから防ぎたいのに日焼け止めでは防ぎきれない、という葛藤があります。

そんな中、最近では「飲む日焼け止め」というサプリタイプの日焼け止めが出てきて、ひそかなブームになっています。

何といっても飲むだけで紫外線対策ができるなら、酒さ患者にとってネックともなる「肌に塗る」という行為をしなくて済みますよね。

一方で、おそらく皆さん感じている疑問として

うさんくさいんだけど。

とか

そんなもんで効くの?

というのがあると思います。

私もきちんと調べて自分で試すまでは半信半疑というか、うさんくさいとか効くわけない、という感想の方が強かったです。

そこで、飲む日焼け止めとはどんなものか、塗る日焼け止めに比べてメリットがあるのかなどを見ていきたいと思います。

飲む日焼け止めの感想は以下の記事にまとめてありますので、そちらもご覧ください。

飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」の口コミ。効果や成分、飲み方など。酒さや赤ら顔、敏感肌の紫外線対策に。
飲む日焼け止めの「ホワイトヴェール」を飲んだ結果、飲む日焼け止めってどうなのか、日焼け止め効果をどう感じたか、継続する価値があるかどうか、な...
スポンサーリンク

で、結局飲む日焼け止めの効果は?

飲む日焼け止めの効果

飲む日焼け止めは独自の技術で日焼けによるダメージを抑えます

その効果は各社様々なものが使われていますが、主な仕組みは活性酸素の発生を抑えることで日焼けによる炎症ダメージを抑えることです。

だったら抗酸化サプリや食事改善で代用できそうと思うでしょうが、飲む日焼け止めには紫外線を吸収し肌を防御することが証明されている物質が使われています

フェーンブロック」という成分か「ニュートロックスサン」という成分が使われている事が多いです。

こういった紫外線防止効果や光老化の予防効果がある成分を使い、さらに肌への作用を考慮した成分がプラスされているのが飲む日焼け止めです。

臨床結果が皮膚科学でも発表され有効性が認められたことから、日本ではまず皮膚科でしか入手できないサプリとして登場しました。美容に敏感な方は個人輸入などで入手していたようです。

その後、飲む日焼け止めの有効性と人気度に注目したメーカーも生産を始め、今では皮膚科に頼らずとも国産のサプリが入手できるようになっています。

日焼けによる活性酸素を抑えるので、アンチエイジング効果もあり、また全身に日焼け止め効果があるので美容皮膚科などで推奨されています。

特に多くの美容皮膚科でも採用されているというのは、信頼のおける根拠にもなります。酒さ治療にも、飲む日焼け止めを推奨している皮膚科があります。

つまり、飲む日焼け止めを飲んだら全く日焼けをしない、というようなものではなく、紫外線防止効果や光老化の予防効果がある成分を使った抗酸化サプリです。

皮膚炎を食い止める効果や、飲んだら紫外線対策がパーフェクトになる、というものではありませんが、飲むだけで一定の紫外線対策ができるというのは非常に心強いと思います。

特に重度の酒さの方や酒さ様皮膚炎で脱ステ中の方は、日焼け止めが塗れないくらいに肌が悪化してしまって物理ガードに頼らざるを得ない状況もあると思います。物理ガードだけでは心もとない紫外線対策も、飲む日焼け止めをプラスすることによってカット率や防御率が上がります。

私が今お試し中の「ホワイトヴェール」なら、外出前に飲めば20%程度の効果は出るように作られています。20%とはいえ即効性が出るのは、抗酸化サプリや食事改善などでは力の及ばないところ。

他の紫外線対策も交えながら使っていき、日を浴びなくてはいけない日は多めに飲んだり、イベントがある日に合わせて飲む量を調整したりといった工夫ができます。

飲む日焼け止めでどの程度の効果が期待できるかを知っておけば、自分の生活にどう取り入れていくかの判断がつきやすいと思います。

ホワイトヴェール

ホワイトヴェール

  • 販売元:キラ★リズム
  • 価格:\980(税込)
  • 初回限定
  • 15日間全額返金保証付き

タイプ別紫外線対策の限界

物理ガードの限界

肌がある程度落ち着くまでは物理ガードしかできませんし、出かける場所によっては極度の物理ガードが不可能な事もあります。

自転車に乗る用事があれば日傘なんか差せませんし、オフィシャルな場になるほどサンバイザーやフェイスワンピなどは着用できなくなります。

いつでも完璧な物理ガードができるわけじゃないですよね。

何も塗れない肌はどうやって日焼けを防ぐの?炎症期の紫外線対策
紫外線対策は酒さよう皮膚炎にとって非常に大事です。皮膚疾患ををお持ちの方はもちろん、美容に気を使う方ほど紫外線を防ごうとしますよね。酒さ...

塗る日焼け止めの限界

塗るタイプの日焼け止めは、塗り直しが必要だったり、ムラ塗りになれば効果が薄くなったりという欠点があります。

物によってはクレンジングが必要になりますが、皮膚疾患を持ってるとダブルクレンジングなんてとんでもなく肌を傷める原因にしかなりません。

そもそも皮膚病を持ってると、肌が悪化しすぎて塗れない事も多くあります。多少は回復してきた今でも、市販の安価な日焼け止めは軒並みダメです。

肌に合う日焼け止めを探すのも一苦労。やっと探し出しても、疾患が悪化してしまった時には塗れなかったりします。この前のリバウンドの時にはいつもの日焼け止めを塗らなかったので、飲む日焼け止めにはとてもお世話になりました。

アゴのリバウンドの経緯。脱ステ1年以上経ってから起きた炎症の経過を画像付きで報告。
先月くらいに、アゴがリバウンドのように再炎症を起こしてしまった事を報告したのですが、今回はその後炎症がどうなったかの記録です。脱ステ...

肌に塗るものって、どうしても刺激になってしまうことがあるんですよね。

刺激になりにくい日焼け止めを選ぶポイントもいくつかあって、紫外線吸収剤を避けたりアルコールや防腐剤を避けたり、塗り広げやすくて摩擦刺激が少ないものを選びます。

人それぞれでいくつかのポイントがあると思うのですが、完璧な日焼け止めを探し出すのって本当に大変。全てのスペックが良かったのに香料が合わずにかぶれてしまうことだってあります。

また、本当に何時間も日差しが強いところに行くときは高SPF高PAのものが望ましいですが、日焼け止め効果が高くなるほど肌刺激も増していきます。

肌刺激が少なくて高SPFの商品もありますが、大体高いです。良いものは高い。大手メーカーであれば品質と値段のバランスは取れている事が多いですね。

酒さ様皮膚炎の肌でも塗れる!優しい日焼け止めの選び方
炎症がひどく火傷状態に腫れあがっている肌には塗れなかった日焼け止めも、肌が改善してきたら塗れるようになります。紫外線は酒さよう皮膚炎治療...

飲む日焼け止めの限界

飲む日焼け止めには、飲むだけで紫外線防止効果が期待できる成分が入っています。だからと言って、100%の紫外線防御率を誇るわけではありません

飲み始めは効果も低めなことからその他の紫外線対策も併用していくことが望ましく、飲んだからと言って完璧な紫外線対策はできません。

また、この紫外線防止効果を発揮できる時間が各社それぞれ

安価なものでは2時間しか持たないためしょっちゅう飲み直さなくてはならず、時間がない時には向きません。また、飲む量も増えるので、見かけは安価でも最終的なコストは高くつく時も。

継続し続けることによって効果も上がっていきますので、最大限の効果を得ようとするとそれなりの品質のものを長期間服用する必要があります。

サプリだけに紫外線対策を頼るのだとしたら、飲み続けないといけないのか、という不安も出てくるでしょう。

その他の日焼け止め対策と併用しながら適度な効果を得ていくか、サプリだけと割り切って高品質なものを毎日続けていくか悩ましいところです。

男性はファンデーションによる紫外線カットが期待できないことから、女性よりも男性の皮膚病患者さんの方が服用頻度が上がりそうです。

塗る日焼け止めのメリット、デメリット

塗る日焼け止めのメリット、デメリット

紫外線対策として一般的な塗る日焼け止めですが、メリットもあればデメリットもあります。

塗る日焼け止めのメリット

塗るタイプの日焼け止めは、飲む日焼け止めよりも確実に紫外線を防げますし、紫外線防止効果も高いです。

SPF50もあれば90%以上の紫外線をカットできますし、やはり安心感という意味では塗る日焼け止めもきちんと使っていくのがいいと思います。

塗る日焼け止めのデメリット:塗り直しや塗りムラ

一方で、効果を持続させるには2~3時間おきの塗り直しが必要と言われています。私はもうクセになってしまって大体そのくらいで塗りなおしますが、それは時間がある日の話。

時間がないと3時間なんてあっという間に経ってますよね。普通の生活をしていたら、塗り直しの時間がない、なんて日も多くあるはずです。ファンデやパウダーなどで工夫もできますから、そこは適宜工夫が必要なところ。

朝塗ったから夜まで安心、なんてことはないんですよね。

また、塗り方にムラがあればムラ焼けします。サンダル焼けや水着焼けなど、くっきりと線になって焼けてしまっている事も多いですよね。

場所によって塗りムラがあれば、肌がまだらに焼けてしまうことも。

ムラにならない塗り方をしなくてはなりませんが、日焼け止めには正しい塗りかたがあり、適正量を守った上でムラにならないように塗らなくてはならず、かなり大変です。

塗る日焼け止めのデメリット:適正量を塗る難しさ

日焼け止めのSPF値の検査というのはものすごくたくさんの量を塗布した結果というのはご存知でしょうか。

日焼け止めに詳しい方ならご存知の方が多いと思いますが、日焼け止めの試験で使われる基準量(国際SPF試験法)は1cm² あたり2mgです。

国際SPF試験法の量を一般的な顔の面積(シートマスク約400cm)に塗ろうとすると、顔に必要な量は0.8g程度。

ミルクタイプの日焼け止めなら500円玉くらいの大きさになります。正直、かなり多いです。

一度で塗り切れる量じゃないことが多いので重ねづけなどの工夫が必要になりますが、重ねづけなんかしたら白浮きしたりべたついたりするものも多いです。

それを一日数回の塗り直しが必要なので、適切な量を使おうとすると普通の日焼け止めはあっという間になくなります。

アネッサの60ml入りサイズが、適正量をきちんと塗りなおすと10日でなくなります。肌負担や価格の観点から、薄くのばして使っていれば表示SPF値よりも効果は低いです。

日焼け止めをキチンと塗るというのは、実は難しい事なんですね。

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60ml

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60ml

  • 資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)
  • 参考価格:¥3,240
  • 価格:¥2,185 (2017/11/17 23:27:30時点)
  • ランキング:4,824位

飲む日焼け止めのメリット、デメリット

一方で飲む日焼け止めのメリットやデメリットはというと。

飲む日焼け止めのメリット

飲む日焼け止めのメリットは、肌刺激がなく全身に効果がある点です。

皮膚病患者にとってとても怖い「肌に塗る」という行為を行うことなく紫外線防止ができる点は、酒さや酒さ様皮膚炎の方々に取っては最大のメリットと言ってもいいかと思います。

塗らなければクレンジングの心配もなく、肌に優しい洗顔ができます。

また、ムラ塗りなどの心配もなく全身まんべんなく紫外線を防ぐことが可能です。

きちんとしたものは朝飲んで出かければ夕方まで効果が持続しますので、塗り直しなどの手間もなく飲むだけなのでとても手軽です。

皮膚刺激性の低い商品を選ぶとありがちな汗で落ちやすい、という点も気にせず使え、濡れても効果は持続しますのでウォータープルーフ商品を検討する必要がなくなります。

飲む日焼け止めのデメリット:最初は効果が低い

飲む日焼け止めのデメリットは、塗る日焼け止めのように高い紫外線防御効果がないことです。

継続していくにつれて紫外線ダメージを起こす活性酸素が発生しにくくなるようにできています。

私がお試し中の「ホワイトヴェール」でいけば、飲み始めた当日には20%程度の紫外線カット効果しかありません。

継続していくにつれて効果が上がっていき、3か月後には60%以上の効果が発揮されると言われています。

飲む日焼け止めのデメリット:高い効果には継続が必要

飲む日焼け止めはサプリですから、継続してこそ効果が上がります。

日焼けによる炎症ダメージを起こしにくい身体を作るには数か月の継続が必要ですし、高い効果を持続させようとすると飲み続けないといけません

肌の炎症がひどくなったから飲んでおこう、という使い方では、低めの防御率しか発揮できないんですね。

サプリを継続し続けることに抵抗がある人も多いでしょうし、継続し続けるにあたって塗る日焼け止めよりも金額が高くなることもあります。

塗る日焼け止めの質が高く、塗り直しの回数も適切で量もきっちり使っている場合、また全身に高価な日焼け止めが必要な場合はそれほど金額の差が出ないか、飲む日焼け止めの方が却って安く済みます。

一方、安価な日焼け止めをあまり塗り直しせずに使っている場合は、飲む日焼け止めはかなりの出費となるかと思います。

ただ肌に合っていれば商品の値段は安くてもいいですが、塗り直しをせずに使っている場合はきちんと塗りなおすことは検討して下さい。

飲む日焼け止めのデメリット:妊娠中や授乳中は飲めない場合も

サプリですから妊娠中や授乳中の飲用に積極的でない会社も多くあります。

これはどのサプリでもそうですが、妊婦や授乳婦に対して臨床実験を行うというのは人道的な観点から行われません。

また、影響が胎児に及ぶ場合の計測も難しく、臨床データが揃いづらい傾向にあります。

飲む日焼け止めに限らず内服薬やその他のサプリも、妊娠中や授乳中は飲めないことが多くあります。

まとめ

飲む日焼け止めを試し始めるにあたって、自分が疑問に感じたことをまとめてみました。

皮膚病患者にとって塗らずに済むというのは本当にありがたいのですが、どれだけの効果が期待できるのか、そもそも効果があるのかが不安なところ。

調べてみると意外と効果が期待できるサプリなんですね。そうでなければ論文になったり皮膚科で使われたりはしないと思いますが、最初の印象はうさんくさい、の一言w

私がお試し中の商品レビューは別の記事に書きますので、まずは飲む日焼け止めというものがどんなものか、気になっている商品を飲もうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

ホワイトヴェール

ホワイトヴェール

  • 販売元:キラ★リズム
  • 価格:\980(税込)
  • 初回限定
  • 15日間全額返金保証付き
スポンサーリンク

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

シェアする

フォローお待ちしています!

酒さに飲む日焼け止めって効果あるの?紫外線カット率は?メリットとデメリットは?という疑問に対するまとめ。
この記事が気に入ったらいいねしよう。
最新ニュース情報チェック!