出産後の生理が再開!生理前ニキビと肌の赤み。脱ステ11ヶ月目の肌状態【画像あり】

シェアする

酒さ様皮膚炎完治までの治療記録ブログ

脱ステロイドから約11ヶ月、出産からは4ヶ月ほど経ちました。

出産後の睡眠不足や不規則な生活はあまり変わっておらず、4月に色々と環境の変化もあったことから忙しさに輪がかかってしまいました。

そんな中、出産後初の生理が再開。

肌状態が一気に変わりましたので、生理再開時にどんな変化があったかをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

生理前の肌状態

生理までの肌状態

前回の肌状態記録にあるように、ここ最近の肌は赤みこそ目立つもののハリや艶も戻り、潤いリングができるまでに改善していました。

ニキビもさっぱりできなくなり、一番ひどかったアゴ周辺も小さなニキビすらできない程度まで改善。

ニキビができにくくなっている事は毎回のように触れていましたが、ついにできなくなるところまでこぎつけたところでした。

生理前肌の微妙な変化

そんな中、妙に肌の脂と汚れのたまり具合が気になる日がありました。今思うとこれが生理再開の合図だったのでしょうが、その時はあまり深く考えませんでした。

そんな日もある、と気楽に考え、夜に石けん洗顔をして就寝。それまでですと、これですっきり洗い上げることができていたのですが、この時は違いました。

何となく汚れが落ちきっておらず、肌のべたつきが気になるように。特に小鼻の周りなどの汚れが目立つようになりました。

ここで脱脂力の強い洗顔方法にするのはちょっと抵抗がありましたので、石けん洗顔を増やす程度の対応で様子見。

生理の再開と肌状態

生理の再開と連動して復活するアゴにきびさん

生理の再開とともに出来たアゴにきび

そうこうするうちに生理が再開し、それとほぼ同時にアゴにきびが復活してしまいました。以前から生理前にニキビがひどくなるタイプでしたので、今回も生理前ニキビなのだと思います。

前回の診察ではお医者さんのお墨付きを頂くくらいに綺麗な肌状態をキープしていたアゴが一気にブツブツ肌に。写真で見ても分かるくらいに荒れた状態です。

アゴは今までの経過の中でも一番ひどかった箇所です。顔の皮膚は元々身体の中でも薄めですが、アゴは顔の中でもさらに薄く、症状が出やすく治りにくい傾向にある箇所です。

やっとできなくなったアゴにきびの復活に気分はブルー。生理なんてもう来なくていいのに、なんて思いもかすめます。

おまけ程度に眉間ニキビさん

さらに眉間にプツっと1~2コのニキビ。こちらはアゴほどブツブツと出てはこず、小さくあまり炎症も起こしてはいないようです。

眉間にきびは以前から繰り返し出来ていた位置に出来ました。ここ最近はできていなかったにも関わらず、同じ箇所に出るという事はやはりその辺りの肌状態に何かあるのでしょうね。

繰り返すニキビは多くの方が経験していると思いますが、ほぼ同じ箇所に出てくるのでまたここか、という気分になります。

その他の部位の肌状態とニキビ

今回のニキビ復活で幸いだった点は、アゴと眉間以外の箇所にニキビができなかった事です。

酒さ様皮膚炎発症前はニキビ肌だったのですが、そのニキビもビタミン剤などの治療を経て出る箇所が減っては来ていました。

以前は顔中に出ていたにきびが、次第におでこは出なくなり、次は頬もでなくなり、という経緯を経ています。

酒さ様皮膚炎発症時も、おでこにはステロイドを塗っていなかった事から発症を免れており、私の顔の中で一番いい肌状態なのはおでこという事になります。

今回のニキビはアゴと眉間のみで、おでこはもちろん、こめかみや頬、フェイスラインなどにはできずに済みました。

特に頬や口周りに出来なかった事は進展の一つと捕らえてもいいかと思います。今までだとアゴにできれば口周りにも出来ていましたし、アゴと同様にステロイドを塗っていた頬にも出来なかったのは前向きに捉えられる唯一の点です。

ニキビの原因分析

にきびの原因は単純に生理が再開した事だと思います。

生理の再開と共にホルモンバランスが乱れ、黄体ホルモンが優勢になる事で肌の油分も増加。それに伴ってニキビができる、というパターンだと予測しています。

肌のべたつきや汚れのたまり具合が気になっていたのは生理再開の合図だったようですので、今後は見逃さないようにしていきたいところです。

肌の赤みの状態

ニキビの復活と共に気になったのが肌の赤み。生理の再開を機に顔の赤みが増しています。

頬の赤みを前回のものと比べてみます。1枚目が約2ヶ月前の前回、2枚目が今回です。画像だとあまり変化が分かりませんね・・・・。写真って撮るの難しいですね。赤みの細部まで画像でお伝えしきれないのが残念です。

脱ステ9ヶ月、出産後2ヶ月の頬の赤みアップ 脱ステ11ヶ月、出産後4ヶ月の頬の赤みアップ

具体的には、赤みの濃さも増して赤ら顔が目立つようになりましたし、赤くなる場面も多くなりました。

今までだと赤みが気にならなかったようなシーンでも赤みが目立つようになり、お風呂上りなどの顔が赤くなるシーンでは以前よりも赤みが増すことに。

赤みは時間をかけて薄くしていくしかないのは分かっていましたが、薄くなってくれなくても、せめてひどくなっては欲しくないのが本音です。

赤みの原因分析

肌の赤みの原因も生理再開によるものが大きいと思いますが、一点気になる事があります。

以前の診察で漢方薬を十味敗毒湯から加味逍遥散に変更した事です。

酒さ様発症後6回目の皮膚科受診。ニキビ重視から赤み重視の治療へ変更。
先日3ヶ月ぶりの皮膚科を受診して来ました。酒さ様皮膚炎を発症してから6回目、出産後は初となる皮膚科です。妊婦ではなくなった事で処方の変更...

十味敗毒湯は発症直後の膿に非常に効果を感じたものの、赤みには効果があまり実感できずにいました。ただ、ニキビは継続してできており膿むようなにきびもありましたので、妊婦で処方の変更に消極的だった事もあり、膿に効くならにきびにも効いているんだろうと飲み続けていた経緯があります。

十味敗毒湯だけのおかげではありませんが、ニキビはできにくくなっていきましたし、肌状態も良くなってはいっていました。

酒さよう皮膚炎の代表的な漢方、十味敗毒湯の効果と効能
酒さ様皮膚炎で良く使用されている漢方薬の1つに十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)というものがあります。ニキビ薬としても有名なこの漢方ですが、...

十味敗毒湯は赤みに効果がある実感はなかったのですが、飲むのをサボると赤みが増す、というのは感じていました。

そのため、今回は漢方薬の変更がどこまで影響しているか、少々分かりづらい部分があります。

生理の再開とともに赤ら顔が気になりだしたので、生理が大きな要因を占めている事は確かではあります。

処方変更時に赤みが増した訳ではありませんので、十味敗毒湯だったら赤くならなかったとまでは思いませんが、こちらはまだあまり分析しきれずにいます。

酒さや赤ら顔治療に用いられる加味逍遙散。効果や効能と3ヶ月飲んだ感想をまとめました
赤ら顔治療や酒さ治療に用いられる漢方の一つに加味逍遙散(カミショウヨウサン)というものがあります。ツムラさんだと24番の漢方薬です。酒さ...

スキンケア法

生理再開まではいい状態の肌をキープしていたので、スキンケアの大筋は変えていませんが、細かい部分を変えていっています。

肌がべたつき気味になった事から石けん洗顔の回数が増え、保湿は手作りのシンプルなものを併用するように。

ニキビがひどい状態の時はニキビ部分にのみイオウのお薬を塗っています。

ニキビに有効なイオウカンフルローション。酒さよう肌で使うためには注意が必要。
イオウカンフルローションはニキビ治療に良く用いられる塗り薬です。酒さよう皮膚炎の治療は元となる皮膚疾患の治療も続けながらとなる事が多く、...

生理前と生理後では肌状態が変わることが予想されますので、それに応じてケア方法も変えていこうかと考えています。

朝のスキンケア

  1. 水洗顔

夜のスキンケア

  1. 洗顔・・・・クレンジング or 石けん
  2. 保湿・・・・化粧水 or 美容液(乾燥具合に応じてどちらか)
  3. 保護・・・・保湿クリーム(塗らない時やワセリン使用の時もあり)

使用アイテムは

スキンケア詳細

洗顔はW洗顔ではなく、クリームでの洗顔か石けん洗顔のどちらかです。

コールドクリーム洗顔で酒さ様肌を改善しよう。水洗顔が物足りなくなった肌に最適。
酒さ様皮膚炎の肌はゆっくりではありますが徐々に改善していきます。最初は水すら受け付けないくらいのひどい炎症を起こし、水洗顔すらままならない状...

皮脂が気になりだしたことから以前より石けん洗顔の回数が増えており、3日に2回は石けん洗顔という程度のペースになっています。

ニキビが落ち着いてくると皮脂も落ち着いてくる傾向にあり、その時はクリーム洗顔の比重が大きくなります。

保湿に使っていたヒルドイドは完全に使わなくなり、エトヴォスさんか手作り化粧水のどちらかという感じです。

おでこは健康そのものですので、気にせずいつもの化粧水や乳液を使用。

ニキビがひどいアゴと頬は手作り化粧水とワセリンのみのシンプルケアに収め、肌の回復と共に元に戻していっています。

手作り化粧水がレスキューアイテムのようになっていますが、市販品で刺激が少ないものがあればそちらを試してみたいですね。

酒さよう肌にも使える手作り化粧水。メリット、デメリットと作り方の基本をまとめました。
酒さよう皮膚炎を発症してしまうと化粧はおろか、洗顔や化粧水、乳液などといった通常のスキンケアすらできなくなってしまいます。そこからゆっく...

まとめ

最近は肌が大きく変わる事もないため、あまり自分の肌状態を記録する事もなくなってきました。

赤みに関しては一進一退。生理の再開によってニキビが出てしまったことから肌状態は一歩後退と言ったところでしょうか。

酒さや酒さ様皮膚炎は女性がなりやすい疾患ですが、生理によるホルモンバランスの変化なども肌が変化する一因となっており、何が適切なケアなのか迷ってしまうことが多くあります。

私も生理が再開した事で肌状態に変化があり、このまま良くなっていってくれると思っていたのが思わぬ反撃にあった気分です。

色々な要素で肌トラブルを起こしなかなか前に進めないですが、一歩も前進していないのかと言われればそういう訳でもありません。

あまり落ち込まずに今の自分に最適なケア方法を模索していきたいと思います。

エトヴォスさんの敏感肌用トライアルセットはこちら

2週間お試しセラミディアル

サッポーさんの洗顔トライアルセットはこちら

洗顔トライアルセット
スポンサーリンク

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

シェアする

フォローお待ちしています!

出産後の生理が再開!生理前ニキビと肌の赤み。脱ステ11ヶ月目の肌状態【画像あり】
この記事が気に入ったらいいねしよう。
最新ニュース情報チェック!

コメント

  1. みゅうみゅう より:

    こんにちは。育児お疲れ様です。頬っぺたきれいになってますね。
    わたしは、赤みも毛穴もひらいてて、本当に嫌になります。
    先週くらいから、顔がムズムズするので、今日から、保湿のこってりしたクリームをやめてみました。そのかわりに、保湿ジェルをぬってみました。
    わたしは、油っぽい肌質なんで、こってりしたクリームをぬると、余計に皮脂がでてきて、皮脂が酸化して、顔がムズムズしているみたいな感じです。
    今朝は、化粧水のあとに、保湿ジェルをぬったので、いつもより皮脂が少なくて、ムズムズもないです。ちょっと安心しているのですが、やっぱり乾燥がきになりますね。
    インナードライ肌なのかな?ほんと厄介な肌です。
    自分にあった化粧品をみつけるのって、本当に難しいですね。
    ムズムズを抑えるために、皮膚科の薬をもらおうか考えているんですが、ステロイドやプロトピックみたいな塗り薬は塗りたくないし。
    このまま、ムズムズがおさまればいいなあ。
    ろーざさんは、一日中すっぴんで家にいるときは、朝と夜の洗顔はどうしてますか?
    わたしは、夜だけ石鹸洗顔をしているんですが、すっぴんで外出しないなら、朝も夜も、ぬるま湯洗顔でいいんですかねー?
    ろーざさんは洗顔どうされていますか?

    • ろーざ ろーざ より:

      みゅうみゅうさん、こんにちは!

      皮脂の分泌が活発ですと毛穴も開き気味になります。私も鼻の毛穴が開いた上に赤くなってますo(TヘTo)

      保湿ジェルで皮脂も抑えられ、ムズムズもなくなったのはいい傾向ですね!
      それだけだと乾燥が気になるという事ですので、クリームタイプではなく乳液タイプか美容液タイプの保湿を少し足してみるか、洗顔の脱脂力を弱めてみてはいかがでしょう。

      洗顔の脱脂力を弱めるには、石けん洗顔からミルクやクリームなどの洗顔に変えるか、ぬるま湯洗顔にしてしまうかというところでしょうか。
      みゅうみゅうさんは皮脂が気になるとおっしゃっているのでクリーム洗顔よりはミルク洗顔の方がいいかと思います。
      また、一日中すっぴんなのであれば、夜もぬるま湯洗顔でもいいかもしれませんが、毎日だと皮脂が落ちきらない可能性があります。
      とりあえず手軽に試せるのは夜のぬるま湯洗顔だと思いますので、3回のうち1回だけ石けんをやめてぬるま湯で洗う、程度のペースで試されてはいかがでしょうか。

      皮膚科の件ですが、一般的に酒さの診断が下っていればステロイドは処方されないはずです。
      ただ、これは皮膚科医によるところが大きく、塗り薬以外の治療を積極的に提示してくれる医師もいれば、そうでない医師も多くいます。
      とにかくムズムズが治まってくれればいいのであれば、飲むタイプのかゆみ止めなどを処方して頂ければ少し楽になるかもしれません。
      お薬に関しては医師と良く相談する必要があると思うのですが、みゅうみゅうさんのお医者さんが良く話を聞いて下さるといいですね!

      スキンケアってあちらを立てるとこちらが立たず、みたいな事が結構ありますよね(;><)
      あれこれ試行錯誤していくうちに、合うもの、合わないものが分かってきますし、みゅうみゅうさんはきちんとご自分の肌を分析してらっしゃいますから、そういった経験が決して無駄になりませんから焦らずにやっていきましょうΣ(σ`・ω・´)σ

  2. みゅうみゅう より:

    返信ありがとうございます。以前クリームタイプの洗顔は、ちふれや、サッポーのクリームをおしえてもらったんですが、ミルクタイプの洗顔って、どうゆう商品がありますか?
    無知ですみません。なるべく低刺激な商品で、何かないでしょうか?

    • ろーざ ろーざ より:

      近々試してみようと思っていた商品があります!
      小林製薬さんから販売されている商品で、ミルククレンジングな点と石けんの処方が肌に優しそうな点がさすが製薬会社さんの敏感肌ラインだな、と。
      ヒフミドトライアルセット

      ミルククレンジングの特徴としては、クリームタイプよりもさらに洗浄力が弱めの傾向がありますが、その分肌には優しく洗い上げてくれます。
      他にも色々あるのでしょうけど、私は次に使ってみるのはコレ、と決めてます。
      肌にしっくりくるものが見つかるまで長いですよね。

  3. まりこ より:

    ろーざさん、こんばんわ(^○^)
    脱ステして約2ヵ月経ちました。未だにリンパ液止まらず、鼻と頬は瘡蓋がびっしりです…よくなったかなと思えば、またガサガサと悪くなって、いつになったら良くなるのか気が遠くなります…(¨;)アトピー素質があるようで、まだまだ時間かかるのかな…。ろーざさんの顎の画像見ました!今のわたしからみたら、全然良いです!笑 頬も、きれいでうらやましいです。わたしも頑張ります(^o^;)

    • ろーざ ろーざ より:

      まりこさん、こんにちは!

      脱ステ2ヶ月、良く耐えられましたね!
      2ヶ月くらいですとまだ脱ステの症状が治まらず、少し良くなったかと思えばまた悪くなるように感じるのも酒さ様皮膚炎の特徴です。
      私も当時は赤みやひりつきがあり肌状態は最悪で、少しの事で一喜一憂していた記憶があります。

      浸出液やかさぶたが収まっていないようですので、まずはその辺りが改善されると楽ですよね。
      肌がまだ傷だらけなので、スキンケア的なアプローチよりも体内からのアプローチの方がお勧めです。
      体質改善はすぐに結果が見えず、こんな事をしていて意味があるのかと思ってしまいますが、半年後の肌を作るものだと思って気長に取り組んでみてください。
      スキンケアも肌に合った保湿剤があれば無理に止める必要はありませんので、気持ち良いと思うものはそのまま継続、ピリピリしたり刺激を感じるものは停止、というようにしていくといいです。

      私も発症からもうすぐ1年経ちますが、赤みが取れず肌荒れもしますのでまだまだですが、発症時よりは良くなってきています。
      この期間で自分の肌の状態を良く見るようになり、合わないスキンケアが分かったり、体内からのアプローチの重要性を認識したりしました。
      すぐに良くならない病気ですので不安になったり焦ったりしてしまいますが、まりこさんの取り組んでいらっしゃる事も決して無駄にはなりませんので、焦らずにやっていきましょうね!

  4. まりこ より:

    お返事ありがとうございます。経験者?のの言葉はすごく勇気と励みになります(^^)この辛さは体験した人ではないと分からないですね…急に悲観的になり、泣き出してしまうこともありますが少しずつ良くなることを信じてがんばっていきたいです。

    • ろーざ ろーざ より:

      私もまりこさんくらいの時は一日中めそめそしていました;
      それだけこの病気は心にダメージを受けるという事ですよね。
      辛くなって当然ですので、ご自分を責めず、ゆっくりやっていきましょうねo(-`д´- o)

  5. まりこ より:

    いつもありがとうございます(。-_-。)
    がんばります!!