オメガ3サプリ「みやびDHA&EPAオメガプラス」の口コミ。多種類のオメガ3とスクアレンが摂れてコスパが良いサプリ。

シェアする

みやびのDHA&EPAオメガプラス

酒さやアトピーなどの皮膚病があると、質の良い油を摂取するように勧められます。中でもオメガ3は酒さに効くとの話もあることから、取り組んでいる方も多い栄養素

オメガ3は酒さの炎症にいいらしいけどDHAやEPAとどういう関係が?酒さにフィッシュオイルが良い理由。
酒さの治療にオメガ3やDHA、EPAというものを積極的に取り入れる方が多いようです。このオメガ3、どうして酒さにいいと言われているのでし...

私もオメガ3の摂取は意識していたのですが、入院がきっかけで脂質制限をしなくてはいけなくなり、サプリに頼ってみました。

オメガ3が摂れる食品って脂質が豊富なものが多いんですよね。亜麻仁油や荏胡麻油、ナッツ類など脂質を抑えようとすると控えなくてはいけない食品ばかり。青魚も油を落とさないよう、生で食べるのが推奨されています。

そう、オメガ3を食事から摂ることと脂質制限は相性が悪いのです。

その点サプリなら脂質は抑えながらもDHAやEPAなどのオメガ3を摂取できるというメリットがあります。

飲んでみた実感として、入院と手術で肌状態を保てず炎症がひどくなっていた肌に一役買ってくれた印象。飲み始めると炎症の引きが早く、自分で予想していたよりもはるかに早く炎症が治まりました

今回飲んでみたのは「みやびのDHA&EPAオメガプラス」というサプリ。国産オメガ3サプリの中では低価格で続けやすく、天然素材の原料から多種類のオメガ3を摂ることができます。

※オメガ3関連の記事は以下にまとめてあります。

参考オメガ3関連の記事はこちら

みやびのDHA&EPAオメガプラス

みやびのDHA&EPAオメガプラスの特徴

みやびのDHA&EPAオメガプラスの特徴は天然素材の魚油からDHAとEPAが摂れて、亜麻仁油やクリルオイル、アスタキサンチンなども配合されていること。

魚油由来のDHAEPAだけでなく亜麻仁油クリルオイルなど、4種類のオメガ3が摂取できます。

製造もGMP認定工場で行われており一定の品質が保証されているだけでなく、定期的に放射能や水銀など有害物質の検査を行っていて検査結果も公開されています。

  • DHA含有魚油
  • DPA含有魚油
  • 亜麻仁油配合
  • クリルオイル配合
  • アスタキサンチン配合
  • 深海鮫由来とオリーブ由来、2種類のスクワレン
  • GMP認定工場で製造
  • 放射能、水銀などの有害物質検査実施

4種類のオメガ3脂肪酸が摂れる

Omega, 3

みやびのDHA&EPAオメガプラスには魚油だけでなく、亜麻仁油やクリルオイルも配合されています。

2種類の魚油と亜麻仁油、クリルオイルという4種の食品からオメガ3が摂れるので偏りがありません。

オメガ3というと魚油(フィッシュオイル)由来のものが一般的で、みやびのDHA&EPAオメガプラスでもこの魚油を使用しています。この魚油にはDHA含有のものとEPA含有のものが使用されています。

亜麻仁油はオメガ3の脂肪酸、α-リノレン酸を豊富に含んだ油です。青魚に劣らないくらいのオメガ3含有量があるため、青魚が苦手な方にも適しています。

クリルオイルもオメガ3を豊富に含む油として知られており、他のオメガ3に比べて吸収率が高く酸化しにくいことで知られています。オメガ3の弱点の一つは酸化しやすい事ですから、吸収率が高くて酸化しにくいという特徴はクリルオイルを摂取するメリットです。

このように多くのオメガ3脂肪酸が含まれていることから、フィッシュオイル単体で摂取するよりも相乗効果が見込めます。

酸化防止と抗酸化作用にアスタキサンチン

オメガ3のα-リノレン酸は酸化と熱に弱いという特徴を持っています。そのため亜麻仁油や荏胡麻オイルなどのオメガ3系油は加熱調理には向かず、長期保存もできません。

その酸化を抑えるために配合されているのがアスタキサンチン。赤い魚に豊富で鮭やイクラなどに多く含まれます。

ビタミンCの6000倍、コエンザイムQ10の790倍の抗酸化作用があるとして注目されている成分です。

オメガ3は酸化に弱い事から酸化防止剤が入っているサプリも多いですが、多くのサプリで安価なビタミンEを酸化防止剤としています。

アスタキサンチンが配合されているのはかなり豪華。

アスタキサンチンが含まれていることでサプリ自体の酸化防止だけでなく、飲んだ時には身体の抗酸化作用も高めてくれます。

抗酸化作用といったらアスタキサンチンが真っ先に思い浮かぶくらいで、アスタキサンチンのみを摂取できるサプリも販売されています。

深海鮫由来とオリーブ由来のスクワレン配合

多くの種類のオメガ3や抗酸化作用はその他のDHAサプリでも見かけますが、みやびのDHA&EPAオメガプラスで特徴的なのはスクワレンが配合されていること。

スクワレンは酸素を効率的に運ぶ栄養素として知られていて、細胞に酸素を届ける役割を果たします。そのため、高い美容効果やガンや肝臓病、高血圧に対する効果で注目を集めています。

スクワレンを精製したスクワランオイルは天然オイルとしても有名で、高い美肌効果もあります。

具体的な効果としては新陳代謝の活性化や血液の浄化、免疫力向上や肝機能の改善などが知られています。

このスクワレンも鮫の肝油から抽出された深海鮫由来のスクワレンと、オリーブ由来のオリーブスクワレンの2種類が入っています。

安全性にこだわった製造方法

サプリメントというと毎日継続して飲むものです。食品でもあり口に入れるものですから安全性にはこだわりたいところ。

みやびのDHA&EPAオメガプラスはGMP認定を受けている工場での製造ですから、一定の品質は保証されています。

また、フィッシュオイルを主原料とするDHAやEPAは、魚に蓄積すると言われる水銀など重金属の心配があります。

その点みやびのDHA&EPAオメガプラスは、ヒ素や水銀、PCB、一般生菌類、大腸菌群を基準以下までろ過。定期的に放射能と水銀の検査を実施しているという徹底ぶりで製造品質に関しては安心できます。

この放射能と水銀の検査結果は公式サイトできちんと公開されていて、セシウム・ヨウ素・水銀の検査結果をPDFで確認することもできます。

みやびDHA&EPAオメガプラスの原材料と栄養成分

DHA&EPAオメガプラスの原材料

成分配合量(4粒あたり)
DHA含有魚油520mg
DPA含有魚油260mg
スクワレン320mg
亜麻仁油80mg
オキアミ抽出物10mg
ヘマトコッカス藻色素2mg
オメガ3系脂肪酸364.6mg

原材料を見ていくと、多様なオメガ3脂肪酸を摂取できて抗酸化作用にも配慮し、血液サラサラ効果を高めたサプリということが言えると思います。

DHA&EPAオメガプラス口コミ:配合量

DHA&EPAオメガプラスのオメガ3配合量

みやびのDHA&EPAオメガプラス(4粒あたり)にはオメガ3系脂肪酸が364.6mg配合されています。

DHAとEPAの含有量はそれぞれ以下のようになっています。

オメガ3種類含有量(4粒あたり)
DHA243mg
EPA85mg
リノレン酸36.6mg

DHAとEPAの配合量が少なめに感じますが、その代りに亜麻仁油でαリノレン酸を配合しています。

αリノレン酸は体内でDHA・EPAに変換されますので、単純なDHAとEPAの含有量よりも多くの効果が期待できます。

また、クリルオイルを配合しているので吸収率も高く少なめの配合量でも高い効果を発揮します。

DHA&EPAオメガプラスの栄養成分(4粒あたり)

栄養表示成分
エネルギー13.26kcal
たんぱく質0.52g
脂質1.20g
炭水化物0.10g
食塩相当量0.0005g
ビタミンE5.03mg

オメガ3をサプリで摂るメリット

脂質を制限しながらオメガ3を摂取できる魅力

まず私がオメガ3サプリに魅力を感じたのは、亜麻仁油などの油で摂取するよりも脂質が抑えられるということ。

亜麻仁油や荏胡麻油はオメガ3が豊富な食品として有名ですが、油そのものですので摂取した分がそのまま脂質となります。

例えば多くの亜麻仁油では小さじ1杯で一日分のαリノレン酸を摂取できるとしています。亜麻仁油の場合は油そのものですから4.6gで脂質量も4.6gになります。

これがサプリになればぐっと減る傾向にあって、みやびのDHA&EPAオメガプラスなら1.20gで済みます。倍量摂取しても2.4g。油をそのまま摂取するよりもはるかに脂質を制限することができます。

サプリであるためDHAやEPAに変換済みの成分を摂ることができ、代謝で失われる分がないので同じ量のαリノレン酸を摂るよりも効率的です。

オメガ3を豊富に含む食材にはナッツやゴマがありますが、どれも脂質が多く脂質制限やダイエットには向きません。魚の油に多く含まれる成分が、魚で摂ろうとしても油の乗った魚が必要です。

そのため、私のように病気で脂質制限が必要になった方やダイエット中の方にはとてもおススメ。脂質を制限しながらオメガ3を摂ろうとした時に、サプリという選択肢があると選択の幅が広がります。

必要分だけ手軽に摂取できるメリット

サプリが持つメリットの一つとして、必要な分だけ手軽に摂取できるというメリットがあります。

魚をたくさん食べた日にはサプリの方を減らしてみたり、少し栄養バランスが偏っていると感じた時には増やしたり。

みやびのDHA&EPAオメガプラスは1日あたり4粒~6粒の摂取が推奨されていますが、どの程度の量を飲むか自分で決めることができるのは重要なポイント。

1粒で大容量摂取できるタイプだとこういった調整ができずピルカッターなどが必要になりますが、何粒かに分かれていると調整が可能です。

水溶性ビタミンなどは数時間しか体内に留まらないこともあるので、私は大容量が1粒に治まっているよりも複数の数を摂取できる方を好みます。他のサプリでも1日1粒でOKというものよりあえて1日2粒のものを選んで朝と夜に分けて飲んだりします。

サプリ1~2種類くらいしか飲んでない、というような方は回数が少ない方が楽ですし、オメガ3であれば水溶性ビタミンほど気にすることはないと思いますので、好みによって1粒凝縮タイプでもいいかと思います。

みやびDHA&EPAオメガプラスの口コミ

DHA&EPAオメガプラス口コミ:商品とパンフレットが届く

みやびのDHA&EPAオメガプラスはいかにも「魚」といった雰囲気のパッケージ。緩衝材できちんと包装された商品とパンフレットが届きます。

DHA&EPAオメガプラス口コミ:商品は袋詰めタイプ

瓶に入っているタイプではなく、袋詰めタイプ。袋はちょっと手に余るほどの大きさです。

DHA&EPAオメガプラス口コミ:空けてみたところ

空けてみると茶色っぽい粒がたくさん入っています。空けた時はフィッシュオイルに特有の独特の匂いがあるかと思ったのですが、ほんの少し匂う程度であまり感じませんでした。

開封時の匂いはオメガ3サプリを選ぶ際の指標にもなります。匂いがきついものは酸化防止の工夫があまりされていない可能性が高いので、配合量が多くてもその分の効果を発揮してくれないことも多いです。

DHA&EPAオメガプラス口コミ:1粒の大きさは少し大きめ

1粒の大きさは少し大きめですが、ツルツルしたカプセルでのど越しはいいのでするんと飲み込めます。喉につかえる感じが少しあるので、大きい粒が飲めない方は苦手かも。

DHA&EPAオメガプラス口コミ:一日の目安量4粒を手のひらに

一日の目安量は4~6粒ですが、4粒だとこのくらいの量。

DHA&EPAオメガプラス口コミ:6粒出すと1回では飲みきれない量に

6粒だとこのくらいです。これを一気に飲むとなると結構な量ですが、私は複数回に分けて飲んでいるのでそれほど気になりません。

私の飲み方としては、基本的に朝晩2粒ずつ。ちょっと足したいと思った時は昼にプラス2粒。なくてもいいかな、という日には朝晩どちらかを抜きます。

粒も大きめで数も多めですから、無理して一気に飲もうとせず分けて飲んだ方が苦痛になりにくいです。

飲んだ後に生臭い匂いが上がってくることもなく、オメガ3サプリの中では臭みがなく飲める方だと思います。サプリの粒を噛んでみたらさすがに少し生臭かったですが、普通は噛まずに飲みますので匂いは問題ありませんでした。

みやびDHA&EPAオメガプラスで感じた酒さへの効果

私は最近病気やら手術やらでサプリ等を全て止めていた期間があります。その時の肌荒れはとにかくひどく、改善どころか肌状態を維持することすらできませんでした。

その後病状が落ち着いてサプリを飲み始めるようになると、酒さもしっかりと改善していくんですよね。

サプリに限らず栄養というのが重要だと分かってはいましたが、今回の件でさらに重要性を再認識。ただ、サプリで補給する場合には、自分に合ったサプリでないと意味がないですよね。

炎症が治まっていくのが分かるくらいの改善速度

オメガ3サプリに関しては、酒さの改善速度を速めてくれる印象がありました。特に炎症を抑える効果を感じていて、真っ赤にただれかけていた顔がするするーーっと良くなり、日に日に改善が分かるほど。

このDHA&EPAオメガプラスに関しては、特に炎症がひどい時に効果を感じましたので一番ひどい状態の時は倍量飲んでいました。

魚や油だと気軽に倍量に増やせないので、こういった柔軟さはやっぱりサプリの強みですね。

次の日の顔の赤みにも効果的

しっかりと飲んでおくと次の日の朝の顔の赤み(特に炎症系)が違います。血管拡張でぼんわりと赤くなっている部分はそれほど大きな変化はありませんが、ニキビ状のブツブツがあって炎症も起こしているような箇所は日に日に良くなっていくのを感じました。

そのおかげかどうか分かりませんが、かゆみと熱もある炎症が割と早く治まり、皮剥けすると予想していたのがそれほど大きな皮剥けなく済みました

酒さの炎症が1か月かからず元に戻せた

ものすごく荒れて水すら染みる状態から、化粧をすれば分からなくなるくらいの状態まで戻すのに1か月もかからないで戻せています。

炎症がひどい時にこそ、こういったサプリの本領が発揮されるのかもしれません。(※オメガ3サプリの力だけで改善したとは思っていません。)

だからと言ってそのまま酒さが治ってくれる訳ではなく、一定のところまで改善するとそこからそんなに良くはならないのですが。

そこでサプリを飲み止めてしまうと今度は荒れていくので、やっぱりある程度の効果はあるんだと思います。

炎症を抑えたい時にこそ重宝するかも

肌の炎症を抑えたい時には少し意識して摂ると違うなーという印象。

元々食事からの摂取も意識していたところ、脂質制限で減らさないといけなくなった分をサプリで補おうとしたら思った以上に効果を感じました。

ただ、飲んだらすぐに次の日の炎症が治まります!というような即効性まではありません

即効性のあるものではありませんが、オメガ3サプリを摂るのと同時にオメガ6系の油を減らす努力をすると効果が出やすいです。

DHA&EPAオメガプラスの値段

DHA&EPAオメガプラスは、他の国産オメガ3系サプリに比べてコストパフォーマンスに優れています。

100円当たりのDHA、EPAの配合量はかなり高く、継続しやすい料金体系が特徴です。

コース価格(1袋あたり)割引率ペース
定期コース1,481円20%オフ3袋/2月
1,574円15%オフ2袋/2月
1,666円10%オフ1袋/月
通常購入1,851円

一番オトクなのは2月ごとに3袋届く定期コースで、それだと1,500円以下でオメガ3サプリを補うことができます。

定期コースだからといって回数制限がありませんから2回目以降はいつでも中止することができます。

料金が安めのためか、ネット通販に良くある初回限定割引や安めのトライアルセットなどはありません。そのため初回でも通常購入か定期コースかを選んで購入する必要があり、初回の購入は少し躊躇します。

ただ初回限定割引のあるサプリは、購入時は良くても続けるに当たってのコストが高いものが多いです。

DHA&EPAオメガプラスは初回限定割引やトライアルセットなどの仕組みがない代わりに、商品自体の料金が抑えられているので継続していくことを考えるとコストパフォーマンスは高いです。

初回は毎月1袋届く定期コース(1,666円)か通常購入(1,851円)で試して、問題なければさらに割引率の良い定期コースに切り替えるのが安心な購入方法です。

まとめ

オメガ3系の油は酒さ患者が積極的に摂りたい食品です。肌代謝の促進作用があり、抗炎症作用に優れています

細胞の合成を促進することからセラミドやコラーゲンのように酒さやアトピーの肌に足りないと言われている栄養素を生成する助けとなります

良質な油を摂ってお菓子などに使われている油は摂取しないように、という酒さで良く注意されるポイントもオメガ6を減らしてオメガ3を増やすためですね。

私に取っては脂質制限をしながらオメガ3が摂れるというのも魅力的なポイントでした。

何らかの制限がなくてもオメガ3の摂取は割と大変で、魚やナッツ、亜麻仁油やえごま油などを意識して摂らないといけず、サラダ油などのオメガ6系油に頼りがちな現代の食生活だと不足気味になりやすい食品。

私のような脂質制限中の方や、ダイエット中の方など、気軽にオメガ3が豊富な食材を食べることができない方や食事からのオメガ3が足りない時の補助にしたい場合などに検討してみて下さい。

みやびのDHA&EPAオメガプラス

みやびのDHA&EPAオメガプラス

  • 販売元:株式会社みやび
  • 価格:\1,666(税込)
  • 亜麻仁油配合
  • アスタキサンチン配合
  • 深海鮫由来とオリーブ由来、2種類のスクワレン

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

シェアする

フォローお待ちしています!

オメガ3サプリ「みやびDHA&EPAオメガプラス」の口コミ。多種類のオメガ3とスクアレンが摂れてコスパが良いサプリ。
この記事が気に入ったらいいねしよう。
最新ニュース情報チェック!